web岩波 たねをまく

岩波書店のWEBマガジン「たねをまく」

MENU

ゆれるおっぱい、ふくらむおっぱい 

 2018年の春の刊行以来、じわじわと話題を呼んでいる『ゆれるおっぱい、ふくらむおっぱい 乳房の図像と記憶』。本書は22人の執筆者たちが自らの専門領域に基づき、歴史のなかで、地域によって、揺らぎ、膨らんできた乳房のイメージを、おおっぴらに、まじめに、おもしろく、問いなおすものです。

 「読んできた数々の「おっぱい本」の中で、これほど格調の高い本はなかった」「学術的で文化的なおっぱい(なんやそれは…)を存分に楽しめる」(『本の雑誌』2018年9月号、中野徹さん)、「驚くほど多彩な研究者たちが、さまざまな角度からおっぱいの諸々相について論じあっており、読んでいて飽きることがない」(『週刊文春』2018年7月12日号、立花隆さん)といったご好評をいただき、刊行一年後には韓国でも翻訳版が刊行されました。

 こちらの特集ページでは、本書に関連する寄稿をまとめてご紹介いたします。

タグ

関連書籍

閉じる