web岩波 たねをまく

岩波書店のWEBマガジン「たねをまく」

MENU

岡﨑乾二郎 TOPICA PICTUS

第2回 子供のジョヴァンニ・デ・メディチ/物質の隔たり、魂の繋がり〈岡﨑乾二郎 TOPICA PICTUS〉

3 子供のジョヴァンニ・デ・メディチ/Beautiful and plump like an angel from paradise

アーニョロ・ブロンズィーノ《子供の頃のジョヴァンニ・デ・メディチの肖像 Portrait of Giovanni de’ Medici as a Child》
1545年,ウフィツィ美術館,フィレンツェ

 まるまる太った男の子が、右手に抱える小鳥はゴールドフィンチ、日本では五色鶸(ゴシキヒワ)と呼ばれる珍しい鳥だけれど、ヨーロッパでは古くからペットとしてよく飼われた人気ある小鳥である。好まれたのは小さな体をおおう鮮やかな黄色やピンクの優雅な色彩、洗練された柄、その甘い鳴き声、手品もできるほどの知性。ゆえに明晰な精神と健康な身体のバランスを象徴し、イエスの受難、そして救済の象徴ともみなされてきた。そんな気高い小鳥を人差し指で持つ男の子は自慢げである。反対に、そんな鳥を所有しているんだ、と誇るのは欲ばり、そしてわがままな子に違いないと察知もさせる。
 アーニョロ・ブロンズィーノはメディチ家のお抱え画家として肖像画を多くこなしたが、コジモ・メディチの御曹司ジョヴァンニを、こんなに豊満すぎるほどにふくよか、そして、なにも恐るるものはないといわんばかりの不敵な笑みいっぱいに描いた。そのみなぎる誇張にブロンズィーノ一流の、男の子の未来まで予測するような批評が含まれる。とても快活で元気な子に見えるけれど、その可愛さは不穏=いじわる(頭の毛のカールがいちばん可愛い)を含むゆえか。

© Kenjiro Okazaki
子供のジョヴァンニ・デ・メディチ/Beautiful and plump like an angel from paradise
2020,アクリル,カンヴァス,20.7×16.6×3.0cm

※ アーニョロ・ブロンズィーノ(1503-1572) フィレンツェの画家。メディチ家・コジモ1世(1519-1574、初代トスカーナ大公)に仕えた。その師であったポントルモと並んでマニエリスムの作家として知られる。精緻な描法技術を駆使して現実そのものをイメージのみならず、その意味まで歪曲、混乱させるような絵画を制作した。代表作に「愛の勝利の寓意」がある。

 

4 物質の隔たり、魂の繋がり/Noli me tangere

ジョット・ディ・ボンドーネ《ノリ・メ・タンゲレ(我に触れるな) Noli me tangere》
1303-1305年頃,スクロヴェーニ礼拝堂,パドヴァ

 磔刑の三日後に、マグダラのマリアがイエスの埋葬された横穴(墓)をおとずれたとき、その穴の中には何もなかった。入り口を塞いでいた岩が転がり白く光が射した。その光の中で声が聞こえ、イエスは蘇ったという。天使の声。しかしヨハネ福音書では声はイエス自身の声に受け継がれる。空っぽの墓から出て呆然と泣き尽くすマグダラのマリアに「女よ、なぜ泣いているのか」と背後から声が呼びかける。マリアは振りかえるが、それをイエスと認めることができない。すなわちイエスの姿は見えなかった。けれど、やがてそれがイエスだと気づいてマリアは彼に触れようとする。イエスは言う、「わたしに触ってはいけない」(ノリ・メ・タンゲレ[Noli me tangere])。
 見えないがそれを知ることができる、というこのノリ・メ・タンゲレはつねに画家たちを触発する主題だった。認知のずれは視線のすれ違い、そして文字通りイエスの運動とマグダラのマリアの運動のすれ違いとして描かれ、方向の違う運動は画面の上下を引き裂き、渦巻くような空気の流れを作り出した。
 近づくマリアから身体を逸らす(画面からも逃れようとする)イエス。すでに十字架はイエスがイエスであることを示す聖なる徴となっている。その徴が示された旗をイエスは抱え、旗は風にたなびく。マリアの頭の上をこの風が吹き抜ける。マリアはこの徴からもたらされる風、そして光をイエスとして感じたのかもしれない。

© Kenjiro Okazaki
物質の隔たり、魂の繋がり/Noli me tangere
2020,アクリル、カンヴァス,17.2×25×3 cm

※ ジョット・ディ・ボンドーネ(1267頃-1337) 「ジョット」と呼ばれることも多い、中世イタリアの画家・建築家。

※ 「スクロヴェーニ礼拝堂」 アレーナ礼拝堂とも呼ばれ、37の場面から成るその装飾画は、ジョットの代表作とされる。

※ 「ノリ・メ・タンゲレ」 ヨハネによる福音書20章17節。イエスの言葉とされ、フラ・アンジェリコ、コレッジョ他、多くの画家が題材としている。


*本連載には、現在開催中の展覧会「TOPICA PICTUS」会場にて配布されているリーフレットに掲載された内容と重なるものがあります。

*とくに示したものをのぞき、著者自作以外の作品画像はパブリック・ドメインのデータを使用しています。

*「TOPICA PICTUS」の画集は、ナナロク社より発売されています。

タグ

バックナンバー

著者略歴

  1. 岡﨑 乾二郎

    造形作家。武蔵野美術大学客員教授。
    1955年東京生まれ。1981年の初個展「たてもののきもち」、1982年パリ・ビエンナーレ招聘以来、多くの国際展を含む展覧会に出品。主な個展として「ART TODAY 2002」(セゾン現代美術館、2002)、「特集展示 岡﨑乾二郎」(東京都現代美術館、2009〜2010)、「《かたちの発語》展)」(BankART Studio NYK、2014)、「視覚のカイソウ」(豊田市美術館、2019〜2020)。
    総合地域再創生プロジェクト「灰塚アースワーク・プロジェクト」、「なかつくに公園」(広島県庄原市)、「《ミルチス・マヂョル/Mirsys Majol/Planetary Commune》」(ガラス、セラミックタイルによる連続壁面、ハレザ池袋、豊島区)、「ヴェネツィア・ビエンナーレ第8回建築展」(日本館ディレクター、2002)、現代舞踊家トリシャ・ブラウンとのコラボレーションなど。
    展覧会企画として「ET IN ARCADIA EGO ――墓は語るか」(武蔵野美術大学美術館・図書館、2013)、「抽象の力――現実(concrete)展開する、抽象芸術の系譜」展(豊田市美術館、2017)、「坂田一男 捲土重来」展(東京ステーションギャラリー、岡山県立美術館、2019~2020)など。
    灰塚アート・ステュディウム(ディレクター、1996〜2000 )、四谷アート・ステュディウム(ディレクター、2002〜2014)。主著に『抽象の力 近代芸術の解析』(亜紀書房、2018)、『ルネサンス 経験の条件』(文春学藝ライブラリー、文藝春秋、2014)、『芸術の設計――見る/作ることのアプリケーション』(フィルムアート社、2007)。『ぽぱーぺ ぽぴぱっぷ』(絵本、谷川俊太郎との共著、クレヨンハウス、2004)。

閉じる