web岩波 たねをまく

岩波書店のWEBマガジン「たねをまく」

MENU

「旅立つことば」 リービ英雄さん×温又柔さんトークイベント

  作家のリービ英雄さんと温又柔さんが、今年それぞれ新著『バイリンガル・エキサイトメント』(岩波書店)と『「国語」から旅立って』(新曜社)を刊行されたことを記念して、公開対談イベントをおこないました。

 じつは大学での先生と教え子という間柄であるお二人、大学時代のエピソードも交えつつ、「ことば」をめぐる気の置けない刺激的な会話が弾みました。

タグ

著者略歴

  1. リービ英雄

    作家,法政大学国際文化学部教授.1950年カリフォルニア生まれ.少年時代を台湾,香港で過ごし,67年に日本に初めて住む.プリンストン大学大学院博士課程修了後,プリンストン大学,スタンフォード大学で日本文学の教厩を執る.82年万葉集の英訳により全米図書賞を受賞.89年から日本に定住.92年デビュー作『星条旗の聞こえない部屋』により西洋出身者として初めての日本文学作家となり,野間文芸新人賞を受賞.その後,9・11を題材にした『千々にくだけて』で大佛次郎賞,中国を題材にした『仮の水』で伊藤整文学賞,台湾を題材にした『模範郷』で読売文学賞を受賞.ほかの著書に『日本語を書く部屋』『英語でよむ万葉集』『我的日本語』など.

閉じる