web岩波 たねをまく

岩波書店のWEBマガジン「たねをまく」

MENU

クラウス・コルドン作 ベルリン3部作

クラウス・コルドンさんからのメッセージ

 
クラウス・コルドン氏
 
 親愛なる日本の読者、とくに東京と京都と大阪の読者のみなさんへ
 
 わたしの小説『ベルリン1919』がふたたび日本の読者の手にとどくようになることをとてもうれしく思っています。なぜとくに東京と京都と大阪の読者のみなさんへと強調するかというと、この重要な3都市を訪ね、その魅力を堪能する機会に恵まれたことがあるからです。
 5年前、わたしは自分の作家業について講演するため日本に招待されました。わたしという存在を日本の読者に知ってもらうとてもよい機会になりました。また本書を日本語に翻訳したよき友人、酒寄進一氏を介して3都市の歴史を知ることができました。
 
 わたしはドイツの歴史をテーマに小説を書いています。はたして日本の読者が興味を持つだろうか。ふつうはそう思うでしょう。しかしわたしはこの日本旅行以降、この世界が思った以上に小さいことを知っています。
 興味を持つことは義務でありません。それでも、とてもたくさんの方が関心を寄せてくれたことは、わたしにとって無上のよろこびです。わたしの本をめぐって、たくさんの方が話しかけてくださり、そのあとわたしはサインを求められました。
 
 『ベルリン1919』は20世紀前半のドイツで起きた3つの大きな転換点を描いた3部作の第1巻にあたります。第一次世界大戦の末期とドイツ帝国崩壊の時代をベルリンのヴェディング地区に住む勇気ある一家の視点で描いています。ヴェディング地区というのは、わたしの故郷であるベルリンの中でも当時もっとも貧しい地区のひとつでした。
 つづく巻では1932/33年と1945年のベルリンを描きました。第2巻の『ベルリン1933』では、アドルフ・ヒトラー率いるナチ党がドイツを支配します。第3巻の『ベルリン1945』では、第ニ次世界大戦が終戦を迎えます。

 この転換期3部作では、その後の世界史に大きな影響を与えた出来事について語りました。暖かい心をもち、冗談を飛ばし、互いに支えあった当時のふつうの人たちの人生に多大な影響を与えた出来事ばかりです。
 
心をこめてクラウス・コルドン

タグ

バックナンバー

著者略歴

  1. クラウス・コルドン

    ドイツの作家。ベルリン生まれ。東西ドイツの分裂後は、旧東ドイツの東ベルリンに育つ。さまざまな職業を経たのち、貿易商社につとめ、インド、インドネシア、北アフリカを訪れる。1972年、西側への逃亡に失敗し、1年間拘留される。独居房での5か月を、頭のなかで小説を書くことで生きのびたという。西ドイツ政府によって73年に釈放されると、その後、西ベルリンに移住した。1977年にインドネシアを舞台とする『タダキ』でデビュー。以来、数多くの児童書やYA作品を発表する。評伝『ケストナー ナチスに抵抗し続けた作家』でドイツ児童文学賞受賞。『ベルリン1933 壁を背にして』で、銀の石筆賞受賞。

  2. 酒寄進一

    1958年生まれ。翻訳家。和光大学教授。上智大学を卒業後、ケルン大学、ミュンスター大学に学ぶ。ドイツの児童文学やファンタジー、ミステリなど幅広い作品の紹介を手がける。訳書にヴェデキント『春のめざめ』(岩波書店)クルト・ヘルト『赤毛のゾラ』(福音館書店)シーラッハ『犯罪』『コリーニ事件』(ともに東京創元社)などがある。

関連書籍

閉じる