web岩波 たねをまく

岩波書店のWEBマガジン「たねをまく」

MENU

赤坂憲雄 性食の詩学へ

 「わたしはいま、あらためて出発点に立ち戻った気がしている。そうして『性食考』の続編を書きはじめようとしている。(略)三十代のころの異人・境界・供犠にまつわる仕事もゆるやかに掘り返している。岩波書店のWEBマガジン「たねをまく」で、続編がやがて幕を開ける。いずこへとも知れぬ漂流のはじまりでもある。」(赤坂憲雄「性食の詩学のために」『図書』2018年11月号)
 2017年に大いに話題を読んだ『性食考』の続編にして、いまだ描かれたことのない新しい世界へ挑むエッセイ。毎月10日・20日の更新です。

タグ

著者略歴

  1. 赤坂 憲雄

    民俗学・日本文化論.学習院大学教授.福島県立博物館館長.東京大学文学部卒業.東北芸術工科大学教授として東北文化研究センターを設立し,『東北学』を創刊.2007年『岡本太郎の見た日本』(岩波書店)でドゥマゴ文学賞受賞,同書で芸術選奨文部科学大臣賞(評論等部門)受賞.『異人論序説』『排除の現象学』(ちくま学芸文庫),『境界の発生』『東北学/忘れられた東北』(講談社学術文庫),『東西/南北考』(岩波新書)など著書多数.

関連書籍

お知らせ

10年ぶりの改訂!『広辞苑 第七版』

広辞苑 第七版(普通版)

広辞苑 第七版(普通版)

詳しくはこちら

ランキング

閉じる