web岩波 たねをまく

岩波書店のWEBマガジン「たねをまく」

MENU

篠田謙一『江戸の骨は語る』

DARWIN DAY 2019 第2夜「江戸の骨は語る」(篠田謙一+渡辺政隆)

「江戸の骨は語る」 篠田謙一渡辺政隆 に行ってきました
 
  

 「進化論」を唱えたイギリスの科学者チャールズ・ダーウィン(1809~82年)の誕生日を祝うイベントが、今年も東京・下北沢のリベラルアーツ・カフェ「ダーウィンルーム」で行われました。ダーウィンの誕生日を祝う「ダーウィン・デイ」は、世界各地で記念イベントとして開催されています。

 この日本で唯一の「ダーウィン・デイ」は、今年で4回目。ホストはダーウィン研究第一人者の渡辺政隆さん。岩波書店から『ダーウィンの遺産――進化学者の系譜』『一粒の柿の種――サイエンスコミュニケーションの広がり』などの著作があるほか、ダーウィンの『種の起源』(光文社)をはじめ多くの翻訳書で知られています。2月9日から12日まで4夜にわたり、それぞれにゲストを迎えてのイベントがありました。

 第2夜2月10日のゲストは国立科学博物館副館長で、分子人類学を専門とする篠田謙一さん。昨年2018年4月に『江戸の骨は語る――甦った宣教師シドッチのDNA』を、2015年には『DNAで語る 日本人起源論』を岩波書店から刊行されています。

 イベント冒頭、渡辺さんが、今回の対談のきっかけを話されました。それはもちろん、篠田さんの『江戸の骨は語る』を読まれたからですが、それ以前に渡辺さん、かつては本書の「主人公」シドッチが発見された切支丹屋敷跡の近所にお住まいで、そのあたりによく、イヌの散歩で訪れていたのだそうです!

 篠田さんは、シドッチがどういう時代のどういう人物だったのか、どういう状態で遺骨が発見されたのか、当事者としてどうやってDNA分析をし、その遺骨をシドッチと認定したのかを、スライドを使いながら丁寧に説明してくださいました。これが前半。

 後半には、ダーウィンの祖国、イギリスにおける人類学にまつわる話題として、ピルトダウン人――1910年代にイギリス、サセックス地方のピルトダウンでドーソン(1864~1916)が発見したと称した「人類化石」――が贋化石と同定されるに至るまでの話を、人類進化史に位置づけながら語ってくださいました。ピルトダウン人は、現代人の頭骨とオランウータンの下顎骨とを組み合わせたものであると、1950年代に判明しています。

 休憩をはさんで会場からの質問コーナー。引きも切らず、鋭い質問が出されましたが、『江戸の骨は語る』や『DNAが語る 日本人起源論』にその答えの多くは書かれています…。なお、宣教師シドッチ鑑定のエッセンスは、『図書』2017年2月号のエッセイ「宣教師のDNA」から知ることができます。

篠田さん(左)と渡辺さん(提供:ダーウィンルーム)

 

©陣内利博

篠田謙一(しのだ けんいち)
1955年生まれ.京都大学理学部卒業.博士(医学).佐賀医科大学助教授を経て,現在,国立科学博物館副館長(兼)人類研究部長.専門は分子人類学.日本や周辺諸国の古人骨DNA解析を進めて日本人の起源を追究するほか,スペイン征服以前のアンデス先住民のDNA研究から,彼らの系統と社会構造について研究している.著書に『DNAで語る日本人起源論』『江戸の骨は語る――甦った宣教師シドッチのDNA』(岩波書店),『新版 日本人になった祖先たち――DNAから解明するその多元的構造』(NHK出版),編著に『化石とゲノムで探る人類の起源と拡散』(日経サイエンス),『インカ帝国――研究のフロンティア』(東海大学出版会)などがある.

渡辺政隆(わたなべ まさたか)
1955 年生まれ.サイエンスライター、元筑波大学教授・サイエンスコミュニケーター.専門は,科学史,進化生物学,サイエンスコミュニケーション.著書『ダーウィンの遺産――進化学者の系譜』『一粒の柿の種』(岩波書店),『ダーウィンの夢』(光文社新書),『DNA の謎に挑む』(朝日選書),訳書『種の起源』(ダーウィン,光文社古典新訳文庫),『ワンダフル・ライフ』(グールド,ハヤカワ・ノンフィクション文庫)他多数.

タグ

バックナンバー

関連書籍

閉じる