web岩波 たねをまく

岩波書店のWEBマガジン「たねをまく」

MENU

~試し読み~ 12/4発売 沼野正子著『マッちゃん84歳 人生店じまいはムズカシイ』

 
主婦兼絵かき屋稼業50年,未だ現役マツノマツコ.
亡き母の介護に後悔あり.
夫の突然死,自身のめまい,うつ,パニック障害….
数々の原因不明の病気と共に日々は続く.
この年でわかったこと,わからないこと,
後半生の泣き笑いをシニカルに描く,大人のコミックエッセイです.
 
 
〇推薦コメントが届きました!〇
 
マッちゃん、初の80代を経験中。
毎日が新鮮な驚きと発見、過去を振り返っては気づくことの連続。
万人への「生き方のモデル」ではないけれど、現在進行形の生活レポート。
  ――梨木香歩さん(作家)
 
心身悩ます病もアラ8マッちゃんにかかるとコミカルになるから不思議。
読みすすめるうちに、マッちゃんと自分の母が重なり、会うたびに喧嘩する母が愛おしく思えた。
マッちゃんに感謝。
  ――北原佐和子さん(女優、介護福祉士、介護支援専門員)
 
 
 
 
↓冒頭の1章分をお読みいただけます↓

タグ

著者略歴

  1. 沼野 正子

    1935年東京生まれ。東京芸術大学工芸科卒業。絵本作家。イラストレーター。著書に『ちょっとちょっとヤエ子さん』(リブロポート、漫画)、『みんな夢見る少女だった』(じゃこめてい出版)、『私のゆっくりおダイエット』『文句があるなら、自分でおやりッ!』(ともに草思社)、絵本に『おにつばとうさん』『ねこさんこんにちは』『おーいカナブーン』『サラちゃんサラちゃん』(いずれも福音館書店)、『やまんばとがら』(絵、岩波書店)など多数。

関連書籍

閉じる