web岩波 たねをまく

岩波書店のWEBマガジン「たねをまく」

MENU

岡田晴恵『どうする!? 新型コロナ』

第2・3章 質問一覧〈どうする?! 新型コロナ〉

 
 
この本はQ&Aで展開されています。質問の一部をお目にかけます。
 

2 基本的な予防方法

Q1 感染はどうやって起こりますか?
 
Q2 どうやったらかからないようにできますか?
 
Q3 「しっかりと手を洗う」とは、どういうことですか?
 
Q4 人にうつさないようにしたいのですが、どうしたらよいですか?
 
Q5 マスクの着け方を教えてください。
 
Q6 マスクが手に入りません。どうしたらよいのでしょうか。
 
Q7 10~30代の致死率は低いと聞きました。若い人は、かかっても症状が出ないか軽いとも。元気なのですから、気にしなくてもよいのではありませんか?
 
Q8 若くて症状が軽く済むうちに感染して、抗体をつくっておいた方がよいのではありませんか? ワクチンがなかったころには、はしかにかかった人がいると聞いて、小さい子をわざわざ感染させに連れて行ったこともあると聞いたことがあります。また、とくに行かない方がよいところはありますか?
 

3 治療と看護 

Q1 新型コロナにかかってしまったような気がします。どうしたらよいですか?
 
Q2新型コロナの検査で陽性と診断されました。自宅療養するよう指示されましたが、
どのように過ごしたらよいですか?
  
Q3 家族に新型コロナのような症状が出ましたが、家で様子を見るように医師から指示されました。どう対応したらよいですか?
 
Q4 便などの処理は、具体的にはどうやったらよいですか?
 
Q5 塩素系漂白剤を薄めた消毒液のつくり方を教えてください。
 
Q6 自分が新型コロナに陰性か陽性か知りたいのですが、今後、希望すれば検査してもらえるようになりますか?

タグ

バックナンバー

著者略歴

  1. 岡田 晴恵

    共立薬科大学大学院薬学研究科修士課程修了、順天堂大学大学院医学研究科博士課程中退、医学博士。アレクサンダー・フォン・フンボルト財団奨学研究員としてドイツ・マールブルク大学医学部ウイルス学研究所留学、(社)日本経済団体連合会21世紀政策研究所シニア・アソシエイトなどを経て、現在、白鷗大学教育学部教授。専門は感染免疫学、ワクチン学。
    著書に『人類 vs 感染症』(岩波ジュニア新書)、『強毒型インフルエンザ』(PHP新書)、『感染症とたたかった科学者たち』(岩崎書店)、『うつる病気のひみつがわかる絵本(全5巻)』(ポプラ社)、『学校の感染症対策 改訂版』(東山書房)、共著書に『感染爆発にそなえる』『新型インフルエンザH5N1』『感染症とたたかう』(以上、岩波書店)など多数。

関連書籍

閉じる