web岩波 たねをまく

岩波書店のWEBマガジン「たねをまく」

MENU

アストリッド・リンドグレーン

新訳シリーズ「リンドグレーン・コレクション」

photo:安井進
 
子どもの愛と勇気、自由な心、豊かな想像力を、
ユーモアにあふれた言葉とあたたかな眼差しで描いたリンドグレーンの数々の作品。
これからも子どもたちに読み継いでほしい作品を、新たな装幀と新訳でお届けします。
 
 
「長くつ下のピッピ」シリーズ
菱木晃子訳/イングリッド・ヴァン・ニイマン絵
(帯コメント:荒井良二さん、西加奈子さん、小島麻由美さん)
 
 
 
 
 
 
 
 1941年の冬、肺炎にかかった娘を喜ばせようと、リンドグレーンが語り聞かせたのが、天真らんまんな赤毛の女の子の物語。
日本でも長年愛されてきたこの『長くつ下のピッピ』のシリーズ3作が、読み聞かせが楽しくなる新訳とイングリッド・ヴァン・ニイマンの絵になりました。
ニイマンの描くピッピはどこまでも自由でまっすぐで、スウェーデンでは「ニイマンの描く絵とピッピの物語はわかちがたい」ものとして、ピッピの誕生から今に至るまで愛され続けています。
 
 
 
絵 イングリッド・ヴァン・ニイマン
(1916-1959)Ingrid Vang Nyman
デンマーク生まれ。1945年『長くつ下のピッピ』のイラストで成功をおさめ、絵本や児童書の挿絵を数多く手掛ける。リンドグレーンとは直接打合せを重ねながら作品作りを続け、『ピッピ 船に乗る』『ピッピ 南の島へ』『カイサとおばあちゃん』などにイラストを描いた。
 
訳 菱木晃子
東京生まれ。スウェーデンの児童書を中心に、翻訳と紹介に活躍慶應義塾大学卒業後、スウェーデンのウプサラで学ぶ。訳書にラーゲルレーヴブ『ニルスのふしぎな旅』(福音館書店)、スタルク『おじいちゃんの口笛』(ほるぷ出版)ベスコフ『ぼうしのおうち』、リードベック『ヴィンニ!』(全4冊)ほか多数。著書に『はじめての北欧神話』(徳間書店)、『巨人の花よめ』(BL出版)など。2009年、長年にわたりスウェーデン文化の普及に貢献したとして、スウェーデン王国より北極星勲章受章。2018年、日本・スウェーデン外交関係樹立150周年記念「長くつ下のピッピTMの世界展」を監修。
 
 
 
「やかまし村」シリーズ
石井登志子訳/イングリッド・ヴァン・ニイマン絵
(帯コメント:ミロコマチコさん、佐野遊穂さん)
 
 
 
  
 
 
【続刊】やかまし村はいつもにぎやか(2020年夏刊行予定)
 
干し草の山にとびこみ、野イチゴをつみ、変装ごっこで大わらい! 自然豊かな小さな村に、子どもたちがぜんぶで6人。楽しいことでいっぱいの毎日を、もうすぐ8歳になる女の子リーサがおちゃめに語ります。
作者アストリッド自身の「遊んで遊んで遊び暮らした」という子ども時代が色濃く反映された、心温まるゆかいな物語。日本では初公開となる原書初版ニイマンのユーモラスなさし絵と、新訳でおとどけします。
 
  
訳 石井登志子
同志社大学卒業。『おもしろ荘の子どもたち』「エーミル」シリーズ(岩波書店)などのリンドグレーン作品や、ベスコフの絵本『おひさまのたまご』(徳間書店)、『おりこうなアニカ』(福音館書店)などの翻訳を数多く手がける。ほかにも『愛蔵版アルバム アストリッド・リンドグレーン』『リンドグレーンと少女サラ 秘密の往復書簡』『暴力は絶対だめ!』『リンドグレーンの戦争日記 1939-1945』(以上、岩波書店)など多数。
 
 
「名探偵カッレ」シリーズ
菱木晃子訳/平澤朋子絵
(帯コメント:いしいしんじさん)
 
 
 
【続刊】
名探偵カッレ 危険な夏の島(2020年秋刊行予定)
 
シャーロック・ホームズ、エルキュール・ポワロ、ピーター・ウィムジイ卿、そして名探偵カッレ・ブロムクヴィスト!! 仲良しのエヴァロッタとアンデッシュとともに、平穏な街に突如あらわれた怪しげな「おじさん」の秘密を探るが……。白夜の北欧の夏、朝から晩まで子どもたちが本気で遊び、笑い、難事件を解決する。みずみずしい新訳と平澤朋子さん描き下ろしの新たな挿絵で、本格推理小説×児童文学が生まれ変わりました。
 

絵 平澤朋子
東京生まれ。武蔵野美術大学卒業後、児童書を中心にイラストレーターとして幅広く活動。装画や挿絵を手がけた作品にラーゲルレーヴ「ニルスが出会った物語」シリーズ(菱木晃子訳、福音館書店)、菱木晃子『巨人の花よめ』(BL出版)、バー『フローラ』(三辺律子訳、小学館)、市川朔久子『しずかな魔女』(岩崎書店)など多数。 
 
 
リンドグレーン・コレクション 今後の刊行
 
山賊のむすめローニャ(2021年夏刊行予定) 
 ヘレンハルメ美穂訳/イロン・ヴィークランド絵
 
 

タグ

バックナンバー

閉じる