web岩波 たねをまく

岩波書店のWEBマガジン「たねをまく」

MENU

和菓子 月ごよみ

和菓子月ごよみ*卯月 桜餅


   海を渡った桜たち、元気にしてる?
    *道明寺(亀屋萬年堂)  桜餅(鉢の木 阿佐谷本店)

 江戸で桜餅が流行すると、桜餅は各地で作られるようになる。
 といっても、どこでも同じではなく、しだいに東京は小麦粉生地、京阪は道明寺生地が主流になったようだ。すっきりした感じの東京風に対し、米の粒が見える京阪の道明寺生地は、どこかはんなりした趣が漂う。

   三つ食へば葉三片や桜餅  高浜虚子
の句を例に、(葉は)食べないのではという説がある一方、江戸っ子は粋だから葉も食べる、京都人は移り香を楽しんで葉を残すともいわれている。悩ましいところだが、結論はお好みしだい。
               (中山圭子著『事典 和菓子の世界 増補改訂版』より)


バックナンバー

関連書籍

閉じる