web岩波 たねをまく

岩波書店のWEBマガジン「たねをまく」

MENU

和菓子 月ごよみ

和菓子月ごよみ*長月 栗菓子

さるは ちょうど 出かけて るすであったので、
まず ぱんぱんぐりは、
いろりの はいのなかに もぐずりこんだ。
(『かにむかし』文・木下順二 絵・清水崑)
 

名前だけでおいしそうなぱんぱんぐり。このあと大活躍!

*深山乃栗(日本橋屋長兵衛)

 

 栗の菓子には「重陽(ちょうよう)」「栗名月」などの名がついたものもある。これは旧暦九月九日の重陽の節句に栗飯を用意したり、旧暦九月十三日の十三夜に、栗を供えたりする風習に関連している。行事に合わせて、栗菓子を賞味するのも乙なものだろう。
(中山圭子著『事典 和菓子の世界 増補改訂版』より)

 

 

 

バックナンバー

関連書籍

閉じる