web岩波 たねをまく

岩波書店のWEBマガジン「たねをまく」

MENU

和田靜香・金井真紀『世界のおすもうさん』〈著者からのメッセージ〉

和田靜香文/金井真紀文・絵
四六判・ISBN 978-4-00-061457-3
イラスト:金井真紀

 
 女子だけの相撲部がある高校を訪ねて、京都へ行った。土俵脇、制服姿のままキャッキャッおしゃべりする彼女たちの輪になかなか入り込めない。むむっ、若い子は手ごわい。でも、ぽつりぽつり語りだした彼女たちが言ったのは、女子のおすもうさんならではの悩み。小学校から相撲をはじめながら、ジェンダーの壁がずっとたちはだかってきた。それでも勝ちたい! とひたすら戦ってきたのだ。
 
(わだ しずか氏は、相撲/音楽ライター)
 

 おすもうさんに会うときはいつもドキドキするが、沖縄角力の取材で名護市辺野古に行ったときは別の意味で緊張した。集落は新基地建設容認派と反対派で分断されていて、出会ったおすもうさんはコワモテのうみんちゅ(漁師)。角力大会には地元キャンプ・シュワブの米兵も参加した。身を固くするわたしの頰を浜風が撫でる。あぁ、おすもうも海も、基地や戦争のずっと前からそこにあるのだ。
 
(かない まき氏は、文筆家、イラストレーター)

タグ

著者略歴

  1. 和田靜香

    音楽/相撲コラムニスト。著書に『ワガママな病人vsつかえない医者』(文春文庫)、『おでんの汁にウツを沈めて』(幻冬舎文庫)、「音楽に恋をして♪ 評伝・湯川れい子」(朝日新聞出版)など。相撲に関しては『スー女のみかた――相撲ってなんて面白い!』(シンコ―ミュージック・エンタテイメント、2017年)をはじめ数多くのエッセイ/コラムを執筆している。

  2. 金井真紀

    文筆家/イラストレーター。著書に『世界はフムフムで満ちている』(皓星社)、『酒場學校の日々』(皓星社)、『はたらく動物と』(ころから)、『パリのすてきなおじさん』(柏書房)、『子どもおもしろ歳時記』(理論社)、『サッカーことばランド』(ころから)、『虫ぎらいはなおるかな?』(理論社)がある。任務は「多様性をおもしろがること」。

関連書籍

閉じる